キウイの枝切り作業


シェア:
キウイの枝切りを「剪定(せんてい)」と呼びます
今日はそのお手伝いをしてきました(*´∇`)

なぜ剪定をするのか?

キウイフルーツは、成長が早く枝がどんどんと伸び続けるので、要らない枝は整理して風通しを良くし、枝が広がるようにして栽培面積を増やす必要があるそうです。

いつやるのか?どのくらいかかるのか?

休眠期と呼ばれる冬(1月~3月)に、時間をかけて剪定します。1日~3日でやりきれるものではなく、
他の作業の合間に数ヵ月に渡ってやっていきます。
春先になると樹液が溢れだすので、暖かくなる前に終わらせる必要があるそうてす。

どう切るのか?

切る場所は感覚だそうで… 切り方間違えるとキウイがうまく育たなかったり量が出来なくなかったりするそうで、父も毎年ドキドキしながらやっているとのこと。。感覚身に付けるって1番難しいなぁ


父のテキパキ動画



 

シェア:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2020.11 キウイ収穫2020.11 キウイ収穫

毎年恒例のキウイ収穫の様子をレポート 今年は、母が不在。父が1日目1人でこなして、36箱今日私と父で2時間もいで、44箱残り20箱程度もいだら、後はみかん狩りのお客さん用に残しておいてくれるとのこと♪ 昨年の様子はこちら